カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

3CH.温度ロガー・キット発売について

 大変ご無沙汰しております。 従来、PICマイコンを使って、ASSY言語でプログラミングしてキットを開発してきましたが、今回発売した「 3CH.温度ロガー・キット」は AVRマイコンを使い、C++言語で開発しました。 ご承知のように、AVRマイコンはarduinoの母体となるマイコンで、開発環境も無償で揃っており、非常にシンプルで分かりやすいものです。 ASSY言語と比して、C言語等の高級言語は難しい処理を関数が代行してくれるので、楽にプログラミングできます。 (特に、演算処理やIIC入出力処理、SD読書き処理等)    ただ、思い通りにプログラミング出来るかは関数次第で、出来の良い関数がどれだけ揃っているかにかかります。 その点、arduinoは世界中で人気があり、出来の良い関数がたくさんあり、かつ新規部品の入出力処理関数がすぐ提供されます。 良いこと尽くめですが、欠点はASSY言語のように小回りが利きにくいことや、個々の機能の処理時間が判らないこと、トラブル時の対応が難しいこと等です。
 今後は、当面arduinoで開発した高機能キットを開発するつもりです。(PICのマイクロチップ社がAVRのアトメル社を買収したことだし・・・・ 関係ないか)

ページトップへ